入社から4か月と少し、はじめての有給休暇

7時56分、電話をかけた。
「腹痛でお休みいただきます。」
「はい、わかりました。お大事にね。」
電話を切った後は解放感と幸福感で満たされた。
入社して4か月目、はじめての有給休暇をとった。

これからなにをしようか、平日の木曜日なので友達をさそってというわけにもいかない。
パソコンの通信速度とたちあがりが異常に遅いので、このブログを書き終えたら電気屋さんに行こう。
パソコンといえば、この前、二ノ宮知子の87clockersを読んだ。
日本での知名度は低い「オーバークロック」に熱中する(していく)人々の話でおもしろかった。
わたしもこの漫画を読むまで、オーバークロックなんて聞いたこともなかった。
パソコンを使って仕事、買い物、趣味をするという人は多いと思うが、それに伴い「遅い!!!!」(イライラ)という経験もしたことがあるだろう。
パソコンが速く動くことで、こんな小さなストレスが減るだけでなく、もっと大きな話をすると新薬の開発が劇的にはやくなったり、オーバークロックは意義のあることなのだ。日本で知名度が低いのは残念だ。
もっと多くの人が知って興味を持ったらと思う。

とここまで書いたところで、まずはパソコンからウイルスを除くべく電気屋さんにいってくる。

入社から4か月と少し、はじめての有給休暇