大雨で、ゆかたのかたは、はりついて大変です

急な大雨だったので、観光客の皆さんもびしょ濡れでした。時に、浴衣を着ている方も多く、大変になっているようです。よくはわかりませんが、外国の方なのでしょう。似れてしまった浴衣の無なものとが、少し形が崩れたのっでしょう。すぐにあくような胸元が広く、着物の合わさりが、だいぶ下のほうになっているのです。昭和であれば、だいぶ、乱れた着方に見えます。もしも、外国の方であれば、その着方が、日本人からは、そうみられることもわからないでしょう。
もしかしたら、着物を着ておるいているのが日本人よりも、外国の人のほうが多いくらいかもしれません。
すれ違って、通り過ぎる浴衣の女性にハッとさせられ、日本の文化着物について考えました。
ここで、きっちっと、着物のw治せるような人になっているといいのですが、その技術すらありません。昭和であれば、誰もが持っていた技術です。自分は、できないにせよ、子供はできるようになってほしいです。

大雨で、ゆかたのかたは、はりついて大変です