月曜日も降らずに通過するのか・UVと汗ふきが夏アイテム

6月の夏至から2週間後は真夏日と猛暑の数日、少しでも風がふけばよいですが、亜熱帯地域のような低い湿度です。通常のつゆ時期は生活面で室内の湿度がピンポイントですが、最近のような乾いた空気ではぼちぼち降ればという必要性を感じます。外気の湿度が少ないので室内も乾燥、緩和できればと考えてスプレーで室内に水分、お洗濯物をこういう日に干せばさっと乾きますが、タオルなどは柔らか不足の感じです。7月初旬の30℃前後から気温がスライドして土日と週明けは猛暑、女性には最近ポピュラーな日傘があるけれど男性なら野球帽くらいが夏アイテム、男女問わずこの気温にはUVアイテムが必要です。徒歩で歩いたら汗ふきのアイテム、始業時間はすっきりの気持ちがベストなので、身だしなみとリフレッシュに連日持参しています。インターネットの天気予報を見ながら、この夏の気温を考慮のシーズン、晴れても降っても通過できるという身支度を整理しています。

月曜日も降らずに通過するのか・UVと汗ふきが夏アイテム