私の一方的で無意味なSNSの美学(ツイッター編)

人それぞれに美学というか、こだわりというか、譲れない部分があると思います。
車の運転やご飯の食べ方、人とのコミュニケーションなどなど、それは多岐にわたるものですが、
私のツイッター上の美学ももしかすると他人からは不思議に思われるかもしれません。
それは、自分を褒めるツィートにいいねやリツイートしないということです。
私はほそぼそと絵を描いており、たまにツイッター上にアップしたりするのですが、そういった時にフォロワーの方でお世辞だとは分かっていますがお褒めの言葉を下さる時があるのですが、そういったツィートに対してあえて反応しない、という美学です。
なぜかと問われると、ひとつは浅ましく思えてしまうからです。
褒めるツィートに反応することは、私はこんなに支持されている、私の絵には価値がある、というアピールになりかねません。今はさらに自分がいいねをしたツィートが自分のフォロワーのタイムラインにも流れてくる始末で、なおさらそんなことはできません。
もうひとつは、やはり自分自身、自分の絵に納得できていないからということが大きいです。
褒めていただいても、いやいやそんなに良いものではないのです、と逆に申し訳なくなってしまいます。
きっと自分が納得できるクオリティのものが描ければ、素直に受け入れることができるのだろうと思います。

拘り過ぎるのもよくないですが、ひとつ筋が通っていることは、良いことだと思っています。みなさんも自分の美学を大切に。

私の一方的で無意味なSNSの美学(ツイッター編)